「希望のあかり ~感謝とエールを込めて~ 2020.12.22
  
12/12-13に予定していた「ランタンアート2020」は
茨城県の外出自粛要請を受け急遽中止となりましたが、
協議会会員の共同作品(150個)に灯りをともし、

医療従事者をはじめ新型コロナウィルスとたたかうすべての方に
エールと感謝の気持ちをあらわす「希望のあかり」

としました。
 
【制作者】
つくばエキスポセンター、茨城県つくば美術館、常陽銀行、筑波銀行、
つくば献血ルーム、つくば都市交通センター、つくば文化振興財団、
URリンケージ

【スケジュール】
12月22日(火)
  (作業メンバー:協議会事務局員6名+つくば都市交通センター有志)
14:30 準備開始
15:30 ランタン設置開始
16:30 点灯
17:30 撤収

【感想】
天気が良く風もなかったため、準備も展示も順調にできた。
帰路につく学生達やロータリーに停まっているタクシーの運転者さんたちの目に留まり、
1時間ではあるが皆さんに興味を持ってもらえ、展示の主旨の説明をすることができた。
多くの方がランタンアートの中止を知っており、改めて広く周知されているイベント
であったことがわかった。

【写真】