つくセンブログ

つくばセンター地区活性化協議会のメンバーが、センター地区にまつわる様々な話題をお届けします。
 
COUNTER765849
つくセンブログ >> 記事詳細

2014/05/14

「フラワーアート」ができるまで

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局 ヒサコ
今年の「フラワーアート」は2500個の花苗を使用しました。

デザインと制作は、
毎年お世話になっている筑波学院大学の高嶋先生、佐野先生、そして学生の皆さん。

今年は、
自然と科学が融合したつくばの魅力を伝えるスローガン「つくばホンモノ!」にちなんで、
「地球」と「ひらめき」をデザイン。

まず、「つくばホンモノ!」の輪郭を描いていきます。


こちらは「地球」
まずは大陸の部分から。
下のはオーストラリア、上の方の離れ小島は「日本」。
オレンジは「マリーゴールド」を使用しています。


大陸の次は「海」。
ペチュニアの「薄紫」と「紫」、青い花のロベリア、ネモフィラで描いていきます。


「つくばホンモノ!」が完成に近づいてきました!

もっと間隔を空けずに並べればきれいなのに・・・と思うかもしれませんが、
これには事情が・・・。

実は、使用している花苗は↓ こんな風に小さなフラワーポットに入っています。

土はほんの少ししかないので、すぐに土が乾いてしまいます。
また、2日間綺麗に展示するためには、咲き終わった花のお手入れをしなければなりません。
というわけで、水やりと手入れのために、花と花の間を人が入れる間隔(25センチ程度)あけておきたい・・・ということなんです。

そして、最後の「星」にとりかかります。

黄色は「ゴールドコイン」と「マリーゴールド」
「ゴールドコイン」って縁起の良い名前の花ですね。


小さい方の「星」は黄色~赤へのグラデーションをつけます。
この辺りが難しかったようです!!


そして、約3時間で完成!!
真ん中に、今回の制作に協力してくれた先生と学生で記念写真です!


いつも石だけの無機質なセンター広場ですが、2日間だけの「お花畑」ができました!

2日間ともとても暑かったので、水遊びするこどもたちでいっぱいでした!


あ、フックン船長!


完成後は、研究の一環として、来場者の方々に、この「フラワーアート」を見て受けたイメージ、
「派手な」or「地味な」 「静かな」or「賑やかな」 「やわらかい」or「硬い」
などの直感で答えるアンケートを行っていました。

どんな結果が出るのか、とても興味深いですね。

今年も、筑波学院大学の高嶋先生、佐野先生、それから学生の皆さん、
大変お世話になりました!!
11:34 | 投票する | 投票数(0)