■5月9日(土)10日(日)の「つくばフェスティバル」にて、「花で描こうフラワーアート」を
 センター広場で実施しました。
 2011年から「花と緑で無機質なセンター広場を彩る」ことを目的に実施してきましたが、5回目となった
 今回は更に、子どもが遊び、大人が休憩できる「憩いの場」になるよう、2,000個の花苗とフラワーボックスを
 使って
「迷路」を作りました。

■特に2日目はとても良いお天気だったので、「噴水の水遊び」・「迷路」・「ふあふあ」で子どもたちが
 遊びまわり、その周りで大人たちがのんびりと休憩していました。

■今回フラワーアートで使用した花苗の大半は、協議会会員等にチャリティとして購入していただきました。
 集まった金額は122,550円
 例年と同じく、リヴォルヴ学校教育研究所を通して、東日本大震災で被災した宮崎県東松島市の小学校へ
 花苗代として寄付しました。
 ※認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所のHPでも当協議会の活動の様子を掲載してくださいました。
 http://rise.gr.jp/archives/11538
 
■使用した花苗はつくばセンター地区周辺の学校や公園、協議会会員の施設等に植えられました。
 

 
▲迷路の全体像                  ▲迷路入口

 
▲迷路の中を通る子どもたち            ▲センター広場で遊ぶ子供と休憩する大人

 
▲フラワーアートで使用した花苗(クレオスクエア) ▲竹園東中学校。

 
▲松見公園
 ※クレオスクエアの北側や、筑波メディカルセンター前の「紡ぎの庭」、そして、松見公園の「いやしの庭」
「歩みの径」などの管理をされているNPO法人つくばアーバンガーデニングさんに植えていただきました。