花で描こう
フラワーアート2013
 
5月11日(土)12日(日)の「つくばフェスティバル」にて、今年で3回目となる「フラワーアート」を実施しました。

■筑波学院大学の先生と学生に協力いただき、
 今年は「つくばフェスティバル」の前日に2000個の花苗で、
 センター広場に絵を描きました。
 タイトルは「ロボットの街つくば・研究学園都市50周年」
 ロボットの街つくばのキャラクターと「50」を花苗で表しています。

■11日(土)はこのフラワーアートを来場者に鑑賞いただき、
 12日(日)の午後からフラワーアートで使用した花苗のうち1,400苗をチャリティ配付しました。
 ※残りの600苗はセンター広場や駅前広場に植えています。

■チャリティで集まったお金は、東日本大震災で被害を受けた宮城県東松島市の小学校へ「花苗代」
 として送りました。今年はその際に「つくばからのメッセージ」もお届けしようと、来場の方々に
 メッセージを書いてもらいました。

■チャリティ配付では2苗100円~でお願いしたところ、千円札で「おつりはいらない」という方が多く
 70,602円が集まりました。

<花苗代の送り先について>
NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所の、「東日本大地震被災地の子ども達に〝花苗〝を送ろう」
プロジェクトの義援金として寄付しました。
昨年のチャリティ配布で集まったお金は、宮城県東松島市宮戸小学校に届けていただきました。


 

 
▲チャリティ配付の様子              ▲協議会会員ボランティアによる出張配付も行いました。

  
▲宮城県東松島市へメッセージをかいていただきました。

 
▲集まった義援金                 ▲つくばフェスティバルの様子



■5月10日(金)の「フラワーアート」メイキングの様子。
制作者:筑波学院大学生,協議会会員

 
①「フラワーアート」制作について説明。      ②花苗水やり

 
③デザイン画を確認しながら筑波学院大生主体で並べていきます。

 
④黄色~赤へのグラデーションをデザイン。     ⑤四角が2つと50?

 
⑤目・耳・頭にハートをつけて・・・        ⑥デザイン画どおり、カドも丸く。


⑦最後に下絵のテープをとって・・・ハイ!ばんざーい!

⑧翌日の昼間の写真。グラデーションがきれいにわかります。